京都と奈良の県境・木津川市高の原にてフランス菓子を中心とした洋菓子・シュガークラフトの教室=
AKIお菓子教室をはじめて21年。
精白されてない材料を使った身体に優しい「茶色いお菓子マスターコース」を2015年より開講。
2009年から始めた「お菓子の通信講座」は、全国42都道府県に受講生が居てくださいます。
調理師ですが、料理のレシピは無料で公開。「こころとからだ」自然治癒力に興味を抱き、日々勉強。
近藤亜紀(藤田亜紀)お菓子教室 主宰
LinkIconお問い合わせ

AKIお菓子教室 > RECIPE cooking 4

P1010181.JPG

ポテトビーフコロッケ

祖母が小さい頃から食べさせてくれたコロッケ。祖母から母へ、母から私へ、私から娘へとこのまま引き継がれていく事でしょう。普通のコロッケなんだけど、なぜか食べてくれた人皆から人気なんです。

材料(4人分)

塩大さじ1/2、ジャガイモ6個、タマネギ中1個、牛肉のスライス150g、サラダ油大さじ1、塩小さじ1/3、コショウ適量、薄力粉25g、卵1個、パン粉40g、揚げ油適量

作り方

①鍋にたっぷりの水を入れて塩大さじ1/2を入れ、ジャガイモを皮ごと、竹ぐしを刺すとすっと通るまでゆでます。
②タマネギはみじん切りに、牛肉のスライスは細かく切ります。
③①の皮をむき、ボウルに入れて木べらなどでつぶします。
④熱したフライパンにサラダ油をひき、②を入れていためます。
⑤④に塩小さじ1/3、コショウを加えて火を止め、③に入れて混ぜ合わせます。
⑥⑤を俵形に作り、薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣を付けます。
⑦揚げ油を170℃に熱して⑥を入れ、きつね色になるまで揚げます。
⑧器に盛り、イタリアンパセリを飾ります。

ポイント:ジャガイモは男爵系のものが適しています。また、肉とタマネギをいためた際のフライパンに残った肉汁も捨てずに、つぶしたジャガイモに合わせましょう。そのまま食べられるよう味付けされていますが、お好みでソースをかけてもよいでしょう。

P1010184.JPG

にらうどんお好み焼き

とにかく我が家の娘達に大人気のメニュー。簡単美味、栄養満点、安価と良いことづくしです。

材料(4人分)

冷凍さぬきうどん3玉、ニラ1束、豚肉ミンチ200g、卵3個、ごま油適量、ポン酢適量、七味適量

作り方

①鍋に湯を沸かして冷凍さぬきうどんを入れ、2分ほどゆで、ざるにあげ、冷水をかけて冷やします。
②①とニラをそれぞれ1cm弱に切ります。
③ボウルに豚ミンチを入れ、手でこねます。
④③に②と卵を入れて、うどんがつぶれない程度によくこねます。
⑤フライパンにごま油をひき、④をお玉ですくって10cmほどの大きさに丸くのばし、中火で焦げ目が付くまで両面を焼きます。
⑥ポン酢に七味を加え、漬け汁を作ります。

ポイント:普通のうどんでも代用できますが、粘り気が強く、まとまりやすい冷凍さぬきうどんが適しています。焼くときに、全体のまとまりが悪ければ、生地にかたくり粉を少々加えて練り直しましょう。ごま油は多めにひき、かりっと焼き上げるとおいしくいただけます。