京都と奈良の県境・木津川市高の原にてフランス菓子を中心とした洋菓子・シュガークラフトの教室=
AKIお菓子教室をはじめて22年。
精白されてない材料を使った身体に優しい「茶色いお菓子マスターコース」を2015年より開講。
2009年から始めた「お菓子の通信講座」は、全国45都道府県に受講生が居てくださり、ありがたいです。
益々みなさまに喜んでもらえます様、簡単美味のお菓子を追求中です。
近藤亜紀(藤田亜紀)お菓子教室 主宰
LinkIconお問い合わせ

AKIお菓子教室 > RECIPE cake 2

P6130698.JPG

タルトタタン

材料(直径21cm 丸形1台分)

 りんご 3ケ・・・皮をむいて芯を取り8等分の櫛形に切る
           →レモン汁(大1)ラム酒(大1)をふりかける
 バター 80g ・・・室温で柔らかくする
 グラニュー糖 70g
 卵 2ケ
 薄力粉 80g・・・ふるっておく

 (カラメル用)
 グラニュー糖 140g
 水 15cc

作り方

(1) カラメルソースを作り、型にすばやく流し込む
(2) バターにグラニュー糖を加え、空気を入れる様にすり混ぜる
(3) 卵を少しずつ加える
(4) お粉を加え、切る様に混ぜる
(5) カラメルソースを流し込んだ型にりんごを並べる
(6) (4)の生地を上から流し込んで平らにする
(7) 160~170度のオーブンで40分位焼く
(8) 焼き上がったら、熱いうちに周囲にナイフを入れ、お皿に返す
(9) 冷めてから型をはずして、切り分ける
* 型は底抜けでない型を使って下さいね!


P1010104.JPG

いちじくのジュレ

材料(カップ5ヶ分)

 水 750cc
 グラニュー糖 150g
 レモンのゼスト(皮) 1ヶ分
 ラベンダー 小さじ2
 レモン汁  1ヶ分
 ゼラチン 7g ・・・ふやかしておく
 いちじく 5ヶ ・・・網の上で焼いて皮をむいておく

作り方

(1) 鍋に水+グラニュー糖+レモンのゼストを入れて、火にかけ沸騰 させる
(2) (1)にラベンダーを入れ、3分間むらしてこす
(3) レモン汁を加え(この時紫色に変色します♪)再び火にかけ、ア クを取りながら沸騰させる
(4) 焼いて皮をむいたいちじくを(3)の中につけ込み、出来れば1日 以上、最低半日いちじくに味をしみこませる。
(5) (4)のシロップ500ccをとり、ふやかしたゼラチンを溶かす
* この時、シロップの全量を温めてゼラチンを溶かす必要はない 100cc程のシロップを鍋に入れてゼラチンを溶かしてから残りの シロップと合わせる様にする。
いずれ冷やすので時間の節約です。
(6) ガラスの容器にいちじくを入れ(小さければ丸ごと、大きければ 半分に切って)氷水にあてて冷やした(5)を注ぐ。

* かなり緩めのジュレです。出来上がってすぐはスープみたいな... もう少し固いのがお好みの方はゼラチンの量を調節して下さい。 次の日に食べる位が冷蔵庫でちょうど緩めの上品な味わいに仕上がっているかと思います。